2020年2月開催の北九州マラソンに、北九州イベントスタッフ協会のスポンサー枠で出場された福本かおりさんから、お礼のメッセージをいただきましたのでご紹介します。
(掲載写真:北九州マラソン実行委員会事務局提供)


北九州マラソン2020に参加して


北九州イベントスタッフ協会様より、
スポンサー枠をご提供いただき、
北九州マラソン2020に出場することができました。
ご配慮いただき、ありがとうございます。
大会当日はあいにくの悪天候でしたが、
初めてのフルマラソンは一生の思い出になりました。

私は視覚障がい者です。
目は不自由ですが、市内の企業に勤務して、
パソコンを使った業務をしています。
一人暮らしをしながら、家事をこなし、
趣味を楽しみながら、充実した毎日を過ごしています。
昨年から定期的にランニングをするようになりました。

ランニングとはいっても、
ゆっくりしたペースで数キロを走るくらい。
北九州マラソンに出てみないかと誘われた時も、
42.195キロを6時間で完走するのは難しいと思いました。
それでも、北九州の一大イベントと聞いていたので、
思い切ってトライしてみることに。

マラソン本番の2月16日、降り続く雨と強風の中、
伴走さんと寒さに震えつつ走りながら、
不思議と諦める気持ちは起こりませんでした。
沿道からの声援、すれ違うランナー仲間からの激励。
そして、ここで弱音を吐きたくない、と。
私の中で眠っていた強さがふいに目覚めたようでした。

目標にしていた20キロを超えて、
34キロ(片上海岸付近)に到達したところで、制限時間切れ。
あと8キロと考えると残念ですが、この悔しさを糧に、
またフルマラソンに挑戦してみるつもりです。
機会をくださった北九州イベントスタッフ協会様に、
深く感謝をしながら、これからも頑張ります。

2019年2月開催の北九州マラソンに、北九州イベントスタッフ協会のスポンサー枠で出場された福本雄(ふくもとゆう)さんから、お礼のメッセージと写真が届いたので紹介します。


北九州マラソン2019を走り終えて

冬晴れの空の下、北九州マラソン2019を完走することができました。
レース中、背中を押してくれたのは多くの方々の温かい声援でした。
でも街の風景も応援してくださった人達の顔も見ることができません。
僕は視覚障がいを持つ、ブラインドランナーだからです。

北九州や福岡にはブラインドランナーのチームがあり、
僕も両方に所属してマラソンの練習に取り組んでいます。
目が不自由でも風を感じながら楽しく走ることができるのです。
そしてたくさんの声援はしっかりと耳に届いて励みになります。

思えば昨年秋、北九州マラソン2019の一般抽選に落選。
その後、北九州イベントスタッフ協会様の企業枠へ推薦いただき、
この大会に出場できることになりました。
諦めていただけに、走れると聞いて飛び上がって喜びました。

北九州マラソンのコースは僕に所縁のある場所を通ります。
母校の北九州特別支援学校、現在の勤務先、そして自宅。
僕を育ててくれた方、見守ってくれる方、支えてくれる方に、
頑張っている姿を見せることが恩返しになると思い、懸命に走りました。

結果はわずか2分及ばずにサブ4を逃してしまいました。
次のレースでは必ず3時間台を実現させたいと思います。
僕に挑戦と恩返しの機会をくださった北九州イベントスタッフ協会様に、
深く感謝しています。本当にありがとうございました。


北九州市戸畑区在住 福本 雄

北九州マラソン2019を走り終えて
福本さん(左)と伴走の長野さん(右)

KESAでは、北九州市のイベントを支援するため第1回より、北九州マラソンに協賛し、大会運営を支援しています。また、開催にあたり、組合企業にて設営・運営など様々なシーンで活躍しています。

北九州マラソン2019 SUPPORTING

平成30年6月1日第63回中央会通常総会会場(福岡市博多区)にて、福岡県中小企業団体連合会より、長年の組合活動と中小企業組織化の推進に寄与してきたことから表彰され、表彰状と記念品を授与いただきました。

福岡県中小企業団体連合会「優良組合表彰」受賞
優良組合表彰」受賞